心でつながる文通プロジェクト​​
~高校生からお年寄りに届けられた28通のラブレター~

外出自粛などで寂しい想いをしている一人暮らしや施設で暮らす高齢者の方々を励ましたいと、門真なみはや高校の28人の生徒の方々から、28通のお手紙を頂きました。
地域の高齢者の様子に想いを馳せながら、高校生らしい自宅での様子や将来の夢、そして大変だけれども一緒に乗り越えましょうという励ましの言葉であふれている手紙の数々…。
ケアマネジャーや介護関係者で手分けして順次28人のの高齢者の方々にお届けしました。
手紙を受け取った高齢者の方は、読み終わる頃には「本当に嬉しい、元気がもらえた」と涙声で大変喜んでおられます。
今度は、高齢者から高校生へお返事を書きました。何度も書き直したり、やり直したりしながらお返事書いてくれました。「いつか、会いたいね」そんな言葉があちこちから聞こえてきます。
こんな時こそ、人と人とのつながりを大切にしたい、そして、こんな時でも新たなつながりは生まれることを、高校生の皆さんから学ばせてもらいました。​秋ごろになみはや高校で交流会も企画しています!

0187e663ac2d5c0b973f7a0fcc2dd11e85370158
高校生からの手紙 (2).jpg

高齢者にお手紙を書いてくれた門真なみはや高校の福祉を学ぶ3年生の皆さん。文面に優しい言葉があふれています。

103歳の羽場様からの返事の一部.jpg

​高齢者施設で暮らす103歳の方のところにも高校生からお手紙が届きました。介護スタッフが読み上げている様子の映像と、お返事の一部の写真。

014242efacd3cb42860feed69a6aa9c7dfcb1ac7
小柳督子様のお返事.jpg

高齢者施設で暮らす93歳の方。嬉しい!と、早速お返事を書いておられました!