最新ニュース&トピックス
~一緒に参加してみませんか~
IMG_3939.jpeg

第46回 産経市民の社会福祉賞をゆめ伴が受賞!

​社会的に弱い立場の人たちに寄り添いボランタリーな支援を行う団体、個人を顕彰する「第46回産経市民の社会福祉賞」(産経新聞厚生文化事業団主催、産経新聞社など後援)にゆめ伴プロジェクトが選ばれました。

11月26日、大阪新阪急ホテル(大阪市北区)で表彰式を行われます。

IMG_3660.jpeg

おそとde笑おう!プロジェクトがスタート!

三密回避の畑でラジオ体操始めます!

「おうちで閉じこもりがちな高齢者の方々の外出のきっかけになり、おそとで笑い合って心も身体も元気になってもらいたい」そんな想いで「おそとde笑おう!プロジェクト」を始めます。どなたでも参加OKですので、ソーシャルディスタンスなラジオ体操を一緒に楽しみましょう❣️
★日時:11/4(水)〜1/27(水)まで、毎週水曜日の11時からラジオ体操。12/30(水)はお休み、雨天時は中止。
★場所:ゆめ伴ファーム(街かどケアホームれんかの畑)門真市三ツ島1-17-10
★その他:参加費無料。どなたでも参加OK!
★主催:門真市高齢福祉課 共催:ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会

20200401103456817_ja.jpg

第9回国際ヘルスヒューマニティーズ学会で実践発表

(聖路加国際大学、International Health Humanities Network共催)

​<発表テーマ>

Designing effective interpersonal communication in improving the well-being of dementia patients: The Yumetomo (“Dream Together”) Project in Kadoma City, Japan

ゆめ伴国際アドバイザーのコミサロフ喜美氏と総合プロデューサーの森安美による共同発表で、認知症になっても輝けるまちづくりに関し、認知症の人と地域の人とのコミュニケーションのデザインについて、オンライン上の動画にて発表しています。

​(視聴するには、別途学会参加費が必要となります。)

IMG_3239.jpeg

​7月26日読売新聞朝刊に、なみはや高校と高齢者の文通プロジェクトの記事が掲載されました!

外出自粛などで寂しい想いをしている一人暮らしや施設で暮らす高齢者の方々を励ましたいと、門真なみはや高校の28人の生徒の方々から、28通のお手紙を頂きました。
地域の高齢者の様子に想いを馳せながら、高校生らしい自宅での様子や将来の夢、そして大変だけれども一緒に乗り越えましょうという励ましの言葉であふれている手紙の数々…。
順次28人のの高齢者の方々にお届けさせてもらっています。
手紙を受け取った高齢者の方は、読み終わる頃には「本当に嬉しい、元気がもらえた」と涙声で大変喜んでおられます。
こんな時こそ、人と人とのつながりを大切にしたい、そして、こんな時でも新たなつながりは生まれることを、高校生の皆さんから学ばせてもらいました。

産経新聞記事 6月30日.jpg

​6月30日産経新聞朝刊に、なみはや高校と高齢者の文通プロジェクトの記事が掲載されました!

外出自粛などで寂しい想いをしている一人暮らしや施設で暮らす高齢者の方々を励ましたいと、門真なみはや高校の28人の生徒の方々から、28通のお手紙を頂きました。
地域の高齢者の様子に想いを馳せながら、高校生らしい自宅での様子や将来の夢、そして大変だけれども一緒に乗り越えましょうという励ましの言葉であふれている手紙の数々…。
順次28人のの高齢者の方々にお届けさせてもらっています。
手紙を受け取った高齢者の方は、読み終わる頃には「本当に嬉しい、元気がもらえた」と涙声で大変喜んでおられます。
こんな時こそ、人と人とのつながりを大切にしたい、そして、こんな時でも新たなつながりは生まれることを、高校生の皆さんから学ばせてもらいました。

01e58be1412323a2bf96b91b5035021f33230aed

​6月17日毎日新聞朝刊にゆめ伴実行委員長の角脇知佳の記事が掲載されました!

コロナ禍で認知症の人や要介護高齢者が外出自粛やデイサービスの利用控えなどが続き、「毎日ただただ座っているだけ。笑うこともなくなった」というお一人暮らしの高齢者の方の声をきっかけに、何とかおうちにいながら笑うことを提供できないかと「おうちde笑おう!プロジェクト」をスタートさせました。

​その一環で、笑いヨガのインストラクターでもある角脇知佳とゆめ伴メンバーで笑いヨガの動画を配信していることから、毎日新聞の取材を受け、記事として掲載していただきました。

017e3c428477e22cfe917f9974c06c1c3a110446

​6月13日、かどま折り鶴12万羽プロジェクト完成披露式典開催。ゆめ伴メンバー作成の「折り鶴がつなぐ小さな町の物語」も上映されました!

​認知症の人が折った1羽の折り鶴をきっかけに、多くの共感の輪が広がり門真市民の力で15万羽の折り鶴が集まりました。その折り鶴をルミエールホールのロビー及び2階にて、みんなの想いをつないだアート作品を展示しています。6/13にルミエール小ホールで完成披露式典が開催され、7/8まで展示されることになっています。

式典では、ゆめ伴プロジェクト総合プロデューサーの森安美が実話を基に作成した「折り鶴がつなぐ小さな町の物語」が上映されました。展示期間はロビーのスクリーンでも上映されています。

様々な想いで作られた15万羽の折り鶴に囲まれた圧巻の空間をぜひご覧くださいませ。

 

​場所:ルミエールホール

IMG_2601.jpeg

​5月2日毎日新聞朝刊に「夢かなえマスク」の記事が掲載されました!

門真市社会福祉協議会を通じて門真市介護者(家族)の会に4/6寄付した、おばあちゃん達の愛のパワー入り「夢かなえマスク」の記事が毎日新聞朝刊に掲載されました。

2004pjoriduru01.jpg

​おうちde折り鶴、つないdeアート!かどま折り鶴12万羽プロジェクト」がスタート!

認知症の人や要介護高齢者にとっては、外出もできない、会いたい人とも会えない日々…。せめて誰かと、そして社会とのつながりを実感できる何か…心でつながることはできないだろうか…と考えていました。

そんな時に、90歳のゆめ伴メンバーで、デイをお休みしている方がおうちで折り鶴を作っているお話を聞いたのです。そのことから、門真市のルミエールホール(NPO法人トイボックス)が主催、ゆめ伴プロジェクトと、リサイクル工房布くらふとが共催でタックを組み、子どもから高齢者まで、おうちで色々な想いをこめて鶴を折り、感染状況が改善された後に、その折り鶴たちを集めて一つの折り鶴アート作品に仕上げるという「かどま折り鶴12万羽プロジェクト」をスタートさせました‼️12万羽というのは、門真市民12万人にちなんでいます。

認知症の方や高齢者の方々に折り鶴を作ってもらうと「手が覚えているわー」と、スラスラ綺麗に仕上げてくれます。緊急事態宣言が解除されましたら、皆さんの折り鶴をルミエール、門真市役所、市内郵便局などに設置された折り鶴回収ボックスにお持ちいただきましたら、一つの作品に仕上げますお楽しみに!

夢かなえマスク写真.JPG

​高齢者施設やデイを利用する高齢者の手作り「夢かなえマスク」120枚を社会福祉協議会に寄付しました

このマスクは、門真市内の高齢者施設やデイサービスを利用されている約50名の高齢者の方々や介護スタッフが、それぞれの「出来ること」で協力して製作した約120枚の「夢かなえマスク💖」です。

足が悪くてもミシン掛けならできる!
手が不自由でも時間をかければゴムを通すことができる!
細かいことはできなくても袋詰めならできる!
コロナ状況下でデイサービスをお休みしているけれど在宅勤務?でも作業ができる!

高齢者の方々は「このマスクが誰かの役に立つのなら…!」と、とてもイキイキとした表情で製作に関わってくださいました。

0001 (4).jpg

​門真市発行「広報かどま」2020年新年号の2面に

ゆめ伴プロジェクトインタビュー記事が掲載!

門真市が発行する「広報かどま」新年号の表紙と共に、2面にはゆめ伴インタビュー記事を掲載していただきました。多くの市民の方、特に認知症の方やご家族に少しでも希望につながると嬉しいです。

ゆめ伴プロジェクトは、2019年は最高に飛躍できた年でした。

2020年は、さらに多くの​方々とつながりあい、皆さんのゆめ伴プロジェクトに成長できるようになりたいと思います。

広報かどま1月号 (1).jpg

​門真市発行「広報かどま」2020年新年号の表紙を

ゆめ伴ファームでほほ笑むゆめ伴メンバーが飾る!

門真市が発行する「広報かどま」新年号の表紙に、我らのエース、84歳のゆめ伴メンバーがゆめ伴ファームで子ども達と笑い合う写真が掲載されました。認知症になっても、介護が必要になってもこうして一緒に笑い合えるまちって最高に素敵だと思いませんか。
さらに2面には、ゆめ伴インタビュー記事もあります!
来たる2020年も認知症の方々と共に、ゆめの種をまいて、皆さんに嬉しい気持ちの花をお届けしたいと思います。来年も、合言葉は、やっぱりこれー‼️
「みんなでつなごう!笑顔の輪〜」

本当にありがとうございます!そしてこれからもよろしくお願いします

0001 (49).jpg

​12/25 ゆめ伴カフェinハッピービーンズカフェ開催!今回はクリスマスパーティー風!!

◆2019年12月25日(水) 13:00~15:00 ラストオーダー14:00)

◆場 所:ハッピービーンズカフェ(門真市常盤町7-8)

​​◆内 容:認知症の人や地域の人が共にスタッフとなり、美味しいコーヒーやケーキ、そして「笑顔の時間」を提供するカフェです。

​​◆メニュー

コーヒーなどソフトドリンク 350円  ケーキセット(シフォンケーキなど)750円

​◆予約:事前に電話かメールで予約してください。 

電話 090-9169-9491  メール mori@kotohajime.org

​ゆかいなゆめ伴スタッフが皆様のご来店をおまちしています!!

0176f6347cfc6573e16c2494208d987a64ea5287

​11/28 ゆめ伴受賞記念 表彰式&感謝の集い

今日は、ゆめ伴の本拠地である三ツ島のれんかで、ゆめ伴メンバー70人が大集合し、この度受賞した二つの賞の表彰式と感謝の集いを行いました。なんと、門真市の宮本市長もお越しくださり、認知症の方や高齢者のメンバーの皆さんを表彰してくださったのです。笑いあり、感動あり、涙ありのこの時間、70人のメンバーが1つになりました!
認知症になっても輝けるまちをめざしてきたゆめ伴プロジェクトにとって、これほど嬉しいことはありません。みなさんの心があたたかい!

本当にありがとうございます!そしてこれからもよろしくお願いします

0199cac293e58a0c6630ff56d59691fa70cd8a4c

​11/22 門真市庁舎屋上よりお祝いの懸垂幕!

認知症になっても輝けるまちづくりを共に歩んでくださる企業や団体の皆さまのご協力により、垂れ幕(懸垂幕)が完成しました。多くの市民の方々に、この受賞を機に認知症への関心を深めてもらいたいと、門真市役所庁舎に掲げさせて頂いております‼️
門真の皆さんと「認知症になっても輝けるまち」という優しいウェーブを広げたいと思います!

☆DSC_1059.JPG

​11/22 門真市 宮本市長を表敬訪問

厚生労働大臣最優秀賞の受賞報告に、ゆめ伴実行委員のメンバーで宮本市長を表敬訪問しました。私たちからは授賞式の様子の報告をさせていただき、宮本市長からはお祝いの言葉をかけていただきました。

​この受賞を門真市民のたくさんの方に知っていただき、認知症になっても輝けるまちづくりへの関心を深めていただきたいと願っています。

75439298_560630538037303_571741185399534

​11/11(月) 厚生労働省の「健康寿命をのばそう!アワード」で厚生労働大臣 最優秀賞を受賞!!

ゆめ伴プロジェクトが高齢者分野での最高峰「厚生労働大臣 最優秀賞」を受賞させて頂きました!
厚生労働省のホールにて、ゆめ伴の89歳のメンバーも含む12人が出席し、代表の角脇知佳が厚生労働省老健局長より最優秀の表彰状を授与して頂きました。他にも様々な賞はあるのですが、選ばれた唯一の最優秀賞の団体だけが、ご挨拶できるのです。私たちは笑顔で人と人がつながることで、認知症になっても輝けるまちをめざしていることから、思い切った決断をし、実行しました‼️なんと、門真でいつも行っているようにみんなで手を繋いで「みんなでつなごう!笑顔の輪〜❣️」を会場の皆さんとやってみたのです。すると、会場全体が一つになり、みんな笑顔になり、門真の楽しい風をを厚生労働省に吹き込むことができたのです。
門真の皆さんの笑顔のおかげで最高の賞をいただきました❣️この賞は、門真の皆さまの受賞です。

0001 (36).jpg

​11/1(金) NHK厚生文化事業団「認知症とともに生きるまち大賞」の大賞を授賞しました!

全国から集まった47団体の中から、ゆめ伴プロジェクトが「認知症とともに生きるまち大賞」に選ばれました!選考理由として「認知症の人と共に育てた綿花から、糸を紡ぎ、製品化する。やさしい手触りをイメージする地域づくりの取り組みです。その全ての工程が、集いの場であり、語り合いの場、そして生産の場であり、それがまちづくりにつながっています。かつての綿花栽培や名品の門真糸の復活の意味合いもあり、認知症の人とともに新たな地域再発見でもあり、地域の人の夢やワクワク感のある取り組みとしてユニークです。」と評価していただきました。

0001 (13).jpg

​11/10(日) 第4回「RUN伴+門真」開催!!

◆2019年11月10日(日) 10:00~14:00 

◆場 所:門真市民プラザ&市内4コース

​​◆内 容:認知症の人や高齢者、地域の人が共に歩き、中継地点を経由しながら市民プラザのゴールをめざします。認知症になっても輝けるまちをめざして、参加者の皆さんがオレンジ色のTシャツを着て、街をオレンジ色に染めます。ランナーのエントリーは10/23から受け付けます。

​◆予約:事前に電話かメールで予約してください。 

電話 090-9169-9491  メール mori@kotohajime.org

◆市民プラザや沿道での応援はエントリーの必要はありません。11/10は街でオレンジのTシャツを見かけたら応援してね!

0001 (28).jpg

​10/23 ゆめ伴カフェinハッピービーンズカフェ開催!今回はハロウィンパーティー風!!

◆2019年10月23日(水) 13:00~15:00 ラストオーダー14:00)

◆場 所:ハッピービーンズカフェ(門真市常盤町7-8)

​​◆内 容:認知症の人や地域の人が共にスタッフとなり、美味しいコーヒーやケーキ、そして「笑顔の時間」を提供するカフェです。

​​◆メニュー

コーヒーなどソフトドリンク 350円  ケーキセット(シフォンケーキなど)750円

​◆予約:事前に電話かメールで予約してください。 

電話 090-9169-9491  メール mori@kotohajime.org

​ゆかいなゆめ伴スタッフが皆様のご来店をおまちしています!!

71830367_1842188462593978_79794279775385

​10/7 朝日新聞社「なかまある」認知症のイメージを変えるショートムービーコンテストに入賞!!

朝日新聞社が認知症フレンドリー社会を推進するための取り組みの一つとして「なかまある」主催、認知症のイメージを変えるショートムービーコンテストにゆめ伴ドキュメンタリー映像が入選しました。

10月7日に、東京の朝日ホールにて授賞式が行われました。

今後、なかまあるのウェブサイトでも映像がアップされます。

​認知症の人と市民が共に楽しむことで生まれる笑顔が、今後の地域社会を変えていけると確信しています。

毎日新聞0916.jpg

​9/16 毎日新聞朝刊にゆめ伴プロジェクトが掲載!

7/11に願得寺で開催したゆめ伴カフェを取材していただき、敬老の日の9/16の朝刊に掲載してくださいました。これまでの経緯や、ゆめ伴プロジェクトの活動をわかりやすく掲載していただき感謝しています。

​ぜひ、ご一読くださいませ。

0001 (18).jpg

​8/28 ゆめ伴カフェinハッピービーンズカフェ開催!

◆2019年8月28日(水) 13:00~15:00 ラストオーダー14:00)

◆場 所:ハッピービーンズカフェ(門真市常盤町7-8)

​​◆内 容:認知症の人や地域の人が共にスタッフとなり、美味しいコーヒーやケーキ、そして「笑顔の時間」を提供するカフェです。

​​◆メニュー

コーヒーなどソフトドリンク 350円  ケーキセット(シフォンケーキなど)750円

​◆予約:事前に電話かメールで予約してください。 

電話 090-9169-9491  メール mori@kotohajime.org

​ゆかいなゆめ伴スタッフが皆様のご来店をおまちしています!!

0001 (4).jpg

​7/28(日)糸紡ぎ体験会 門真手作り市にて開催

◆2019年7月28日(日) 11:00~14:00

◆場 所:中塚荘(門真市月出町11−1)

​​◆内 容:ゆめ伴ファームで収穫した門真木綿から門真糸を紡ぐ体験コーナーを開催します。自分の手で糸を紡ぐ楽しさ、糸を紡ぐ魅力を感じていただければと思います。糸紡ぎナビゲーターが魅惑の糸の世界へ誘います!

​◆予約不要

◆問合せ:電話 090-9169-9491  メール mori@kotohajime.org

0001.jpg

​7/11(木)ゆめ伴カフェin願得寺 with笑間珈琲

◆2019年7月11日(木) 13:00~15:00 ラストオーダー14:00)

◆場 所:願得寺(門真市御堂町8-23)

​​◆内 容:認知症の人や地域の人が共にスタッフとなり、美味しいコーヒーやケーキ、そして「笑顔の時間」を提供するカフェです。今回は笑間珈琲のマスターによるミニライブ付き!!

​​◆メニュー

コーヒーなどソフトドリンク 300円  ミニケーキセット 500円

​◆予約:事前に電話かメールで予約してください。 

電話 090-9169-9491  メール mori@kotohajime.org

​ゆかいなゆめ伴スタッフが皆様のご来店をおまちしています!!

4bed5071548cfb13f8e813c1cb41f484_c023e94

​ゆめ伴映像が門真国際映画祭一次審査通過!

皆さまにとても嬉しいご報告です‼️
なんと、私たちのドキュメンタリー映像「ゆめ伴プロジェクトin門真~認知症になっても輝けるまちへ~」(監督 佐野雄希)が、門真国際映画祭のドキュメンタリー部門の1次審査を通過することが出来ました!
とてもとても…嬉しくてたまりません‼️

これまで応援してくださった皆さまと、そして私たちにたくさんの感動を与えてくださった認知症の方々と共にこの喜びを共有したいと思います

0001.jpg

​6/26 ゆめ伴カフェinハッピービーンズカフェ開催!

◆2019年6月26日(水) 13:00~15:00 ラストオーダー14:00)

◆場 所:ハッピービーンズカフェ(門真市常盤町7-8)

​​◆内 容:認知症の人や地域の人が共にスタッフとなり、美味しいコーヒーやケーキ、そして「笑顔の時間」を提供するカフェです。

​​◆メニュー

コーヒーなどソフトドリンク 350円  ケーキセット(シフォンケーキなど)750円

​◆予約:事前に電話かメールで予約してください。 

電話 090-9169-9491  メール mori@kotohajime.org

​ゆかいなゆめ伴スタッフが皆様のご来店をおまちしています!!

0001 (12).jpg

​5/25 ゆめ伴マーケット&綿花の種まき祭り開催!

◆日時:2019年5月25日(土) 10:30~12:30(11:00~種まき祭)  

◆場 所:街かどケアホームれんか (門真市三ツ島1-17-10)

◆内 容:認知症の方と地元企業や地域の皆さんとのコラボレーション企画による地域交流イベント。認知症の人や高齢者の手作りほのぼの市や、地元商店による出張販売、畑では綿花の種まき祭りなど楽しいイベントがいっぱい!

◆参加者:どなたでもご参加OK!

0001 (16).jpg

4月~5月 綿花のたね無料配布しています

ゆめ伴ファームで昨秋、たくさん綿花が収穫できました。綿花の種を無料配布します。ご自宅のプランターでも栽培可能です。綿花の栽培を通じて、ゆめ伴プロジェクトを応援してください!

​綿花でつなごう!門真の輪!!

◆下記のイベントでも配布します

4/29(日)スプリングカーニバルゆめ伴ブースにて(場所:弁天池公園)

​5/25(土)ゆめ伴マーケット(場所:街かどケアホームれんか)

◆その他

​門真市社会福祉協議会にてお渡し可能。

0001 (18).jpg

​綿花の栽培方法のご案内

栽培のご参考にしてください。

なお、当プロジェクトは綿花の栽培について専門的な知識がないため、この資料以上のご説明ができませんのでご了承くださいませ。

​どうぞ、ご自宅で綿花の栽培をお楽しみくださいね。

0001 (15).jpg

4/24 ゆめ伴カフェ開催!

 

◆2019年4月24日(水) 13:00~15:00 ラストオーダー14:00)

◆場 所:ハッピービーンズカフェ(門真市常盤町7-8)

​​◆内 容:認知症の人や地域の人が共にスタッフとなり、美味しいコーヒーやケーキ、そして「笑顔の時間」を提供するカフェです。

​​◆メニュー

コーヒーなどソフトドリンク 350円  ケーキセット(シフォンケーキなど)750円

​◆予約:事前に電話かメールで予約してください。 

電話 090-9169-9491  メール mori@kotohajime.org

​ゆかいなゆめ伴スタッフが皆様のご来店をおまちしています!!

0001 (11).jpg

4/18(木)糸紡ぎ体験会

◆日時:2019年4月18日(木) 13:30~15:00

◆場 所:街かどケアホームれんか(門真市三ツ島1-17-10)

◆内 容:収穫した綿の実から糸を紡ぐ体験

◆参加者:どなたでもご参加OK!

◆費 用:無料

◆申込方法:事前に電話かメールで申込み。(定員15名になり次第締切)

​電話 090-9169-9491 メール mori@kotohajime.org

認知症の方や高齢者、子どもたちと一緒に、春に蒔いた綿花の種は、夏に花が咲き、そして秋には綿の実となりたくさんのふわふわコットンが収穫できました。

 

皆さんと一緒に、収穫できたコットンから糸を紡ぐ体験をして楽しい時間を過ごしたいと思います!! 

初心者の方でも簡単に糸を紡ぐことができますので、安心してご参加ください。

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now