第9回国際ヘルスヒューマニティーズ学会で実践発表(聖路加国際大学、International Health Humanities Network共催)


<発表テーマ>

Designing effective interpersonal communication in improving the well-being of dementia patients: The Yumetomo (“Dream Together”) Project in Kadoma City, Japan

ゆめ伴国際アドバイザーのコミサロフ喜美氏と総合プロデューサーの森安美による共同発表で、認知症になっても輝けるまちづくりに関し、認知症の人と地域の人とのコミュニケーションのデザインについて、オンライン上の動画にて発表しています。

​(視聴するには、別途学会参加費が必要となります。)

最新記事

すべて表示