top of page

読売新聞大阪本社ロビーに期間限定「いのち輝く折り鶴JAPANパビリオン」がオープン!


万博1年前企画として、読売新聞大阪本社ロビーYスクエアに、期間限定サテライト「いのち輝く折り鶴JAPANパビリオンin Yスクエア」を開設します。これにより本活動をより広く社会に発信し、一人でも多くの多様な立場の来館者が、折り鶴を通じて認知症の人や高齢者一人ひとりの「いのちの輝き」を体感し、万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」への理解と共感を深める契機となればと考えています。


日時:2024年4月8日(月)〜5月8日(水) 期間中の土日祝除く平日の10時〜17時

場所:読売新聞大阪本社 1階Yスクエア(大阪市北区野崎町5-9)

内容:①いのち輝くツルナリエ(認知症の方や高齢者等などが折った約1万羽の折り鶴の展示)

②折り鶴交流スペース(折り鶴ポストを設置し、誰もが折り鶴づくりで参加、交流が可能)

③笑顔の写真展(高齢者の笑顔の写真や、日本、世界からの手紙やメッセージ等を展示)

     

主催:ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会 TEAM EXPO 2025折り鶴JAPAN実行委員会

(株)エイチ・ツー・オー商業開発  読売新聞大阪本社

共創パートナー:門真市、阪南市、ATC、社団法人セーフティネットリンケージ

 



 

Comments


bottom of page