IMG_8075_edited.jpg

​いのち輝くツルナリエ〜2022 夏〜

大阪・関西万博開幕1000日前イベントとして、2022年7月16日(土)〜7月24日(日)ペアビル古川橋(門真市)にて開催します。

6/20まで行っていた折り鶴の募集は締め切りました。折り鶴は英国オックスフォード、宮城県岩沼市、静岡、徳島、三重、滋賀、京都、和歌山、大阪などから届きました。ありがとうございました!

現在、展示に向けて高齢者の方々を中心に折り鶴をつなげるなどの作業を行っています!

認知症の人や要介護高齢者が中心に折った2万羽の折り鶴は、全て羽を広げてつなげて、人と人のつながりの素晴らしさを表現した折り鶴コミュニケーションアートとして展示しますので、​皆様のご来場をお待ちしております。

IMG_8561.JPG

01

​折り鶴が社会とつなぐ架け橋に

認知症の方や介護が必要な高齢者が、折り鶴で地域社会とつながり、誰かを笑顔にする喜びで、また笑顔が生まれる。

​そんな笑顔の輪を広がっています。

 

​認知症になっても輝ける社会を、認知症の方の笑顔から広げていきたいと思います。

「薄れゆく 記憶の糸をたどりつつ 生まれし鶴は いのち輝く」

02

​折り鶴が人と人をつなぐ架け橋に

デイサービスや高齢者施設などでも折り鶴をみんなで作りました。全部できなくてもいい、三角だけでもいい。

できる人ができることを持ち寄って1羽の折り鶴を完成させる。

そんな1羽1羽のつながりと伴に、人と人の素敵なつながりが生まれています。

IMG_8463_edited.jpg

03

​折り鶴が世代をつなぐ架け橋に

認知症サポーターとなった、なみはや高校の皆さん中心となって、校内に折り鶴回収ボックスを設置してくれました。

​また、大阪樟蔭女子大学では、万博応援隊 SDGirlsの皆さんが中心になり、大学や高校で折り鶴ボックスを設置、約1500羽を届けてくれました。

IMG_8418.jpeg
7072587C-DB48-4E48-96F6-BFFD28CAA4D0.jpeg
image00002.jpeg

04

​折り鶴が世界をつなぐ架け橋に

英国で折り紙を活用し社会的孤独を解消するための活動をされているOrigami Pulseの代表Lizzieさんがツルナリエプロジェクトに共感してくださり、英国やフランスの方々も折り鶴を折ってくださいました。

オックスフォード図書館にも折り鶴ボックスが設置され、市民の方々が認知症の人に笑顔になってもらいたいと折り鶴がたくさん届きました。これらの折り鶴はツルナリエでも展示します。

 

Origami PulseのHPはこちら

https://origamipulse.com

image00001.jpeg
IMG_1975.jpeg

05

​折り鶴が未来をつなぐ架け橋に

私たちは、2025年大阪・関西万博で全国の認知症の人や高齢者、そして世界の人とつながり100万羽の折り鶴を飾って世界の人をお迎えしようという「いのち輝く折り鶴100万羽プロジェクト」にもチャレンジしており、今回の企画もその一環として実施します。

​「羽ばたけ!みんなの夢、いざ2025年 大阪・関西万博へ!」

 

*「いのち輝く折り鶴100万羽プロジェクト」は、大阪・関西万博の公式企画「TEAM EXPO2025」プログラム 共創チャレンジとして登録されています!

0524ツルナリエフライヤー両面_pages-to-jpg-0001.jpg
IMG_8589.JPG
S__17711170_0.jpg
IMG_8441.JPG
IMG_8520.JPG
IMG_8451.JPG
IMG_8509.jpeg
IMG_8338.jpeg
IMG_8706.jpeg
IMG_8724.jpeg