マーケット集合写真.jpg

ゆめ伴マーケット

​~地元企業と認知症の人で創る地域交流の場~

薄れゆく記憶の中で
少しでも一緒に楽しめる機会を作りたい

地元のタオル会社の取締役女性の元従業員への想いが、ゆめ伴マーケットの始まりでした。
「認知症となり施設に入所して薄れゆく記憶の中でも少しでも一緒に楽しめる機会を作りたい」
長年苦楽を共にした元従業員への心あたたまる想いがきっかけでした。

 

61083086_454820625284962_5126221262242185216_n.jpg

花屋やパン屋、タオル屋など地元企業の協力を得て様々なお店が出揃いました。
1日店長を務めるのは、認知症の人たち約7名。
​とてもユニークな取り組みです。

認知症の人たちも、販売ブースなどでいきいきと大活躍!
タオル会社の元従業員の方も、懐かしい職場のメンバーと共に笑顔の時間を過ごすことができました。

当日は、200名以上の家族連れや地域の人々でおおにぎわい。

約90坪の畑では、保育園の子どもたちによる綿花の種まき祭や、屋内ブースでは認知症の人や高齢者の手作り市も行いました!

マーケットを開くことで、認知症の人と企業、地域の多世代の人が出会い、交流し、共に笑顔で暮らす夢のような空間を創ることができました。

☆DSC_6303.JPG
☆DSC_6363.JPG

ゆめ伴マーケットを開催するにあたって、地元企業、市民、介護関係者、認知症の方々など総勢60名のスタッフが一つのマーケットチームとして取り組みました。

​認知症の人と市民、企業が共に楽しむ。

そんな取り組みを繰り返すことが、「認知症になっても輝ける街」につながるのではないかと強く感じることのできるプロジェクトになりました。

まちづくりのレシピ

LINE_ALBUM_211101_6.jpg

人と人の思い出を大切に

タオル会社の元従業員への思いをきっかけに、働いていたときの記憶を思い起こして楽しんでもらえるようマーケットとして再現しました。

75224895_546251899475167_3217963079266467840_n.jpg

地元企業の協力を得る

地元企業や保育園など、さまざまな地域資源を巻き込むことで、マーケットの魅力も高まり、多世代の交流を創ることができました。

☆DSC_6406.JPG

認知症の方を店長に!

認知症の方が店長となり、マーケットの主役となることで、支え合いが生まれ、全員が一緒に楽しめる空間を創ることができました。